PHP-include /require違いは?include_once/require_once使い分けは?

備忘録-PHP

「include() 」と「 require() 」の違いは?「include_once」と 「require_once」との使い分けは?

PHPのインクルード処理ができる関数について調べたことのまとめです。

[備忘録note]は、その日勉強した要点を忘れないように簡単にまとめて記した自分仕様のnoteです。

「スポンサーリンク」

PHPでインクルード処理ができる関数の違い

PHPでインクルード処理ができる関数は「4つ」ある。
include() 」「 require() 」「include_once」「require_once」

それぞれの違いを一言でいうと・・・

「スポンサーリンク」

「include() 」「 require() 」の違い

ファイルの読み込みに失敗したときの処理が違う!

include ( ) ・・・include() の処理だけ停止。その先に続く記述はそのまま処理される。

require ( ) ・・・require()  の処理も、その先の記述もエラーとなり停止される。

include() / require() とinclude_once() / require_once() 使い分けは?

include() / require() とinclude_once() / require_once() 使い分けは、

include_once ( )・・・あまり使われない。 

require_once ( )・・・関数の定義など、1回読み込めばよいものなどによく使われる。

まとめ

PHPのインクルド処理ができる関数「include() 」と「 require() 」の違いを強引にまとめると…

ファイルの読み込みに失敗したときの処理が違う!

include ( ) ・・・include() の処理だけ停止。その先に続く記述はそのまま処理される。
require ( ) ・・・require()  の処理も、その先の記述もエラーとなり停止される。

include_once() / require_once() との使い分けを強引にまとめると…

include() / require() →単純なファイル読み込みで使用!
include_once() / require_once() →重要なファイル読み込みで使用!
「スポンサーリンク」

コメント

error: Content is protected !!