Gmailで送信者名前を変更しても送信元が変わらない「本名丸出し」になった原因と改善方法は?【Windows10の場合】

Gmail

やってしまいました!!!

先日、自分のGmailを使って、ある方にメールを返信したんです。

そして、きちんと送信されているか確認するために、「送信済みフォルダー」を開けてみてビックリ仰天Σ(゚Д゚)!

ナント、あろうことか「送信先from:」の名前のところに、「自分の本名」が丸見えに!

伏せているはずの「本名」が完全にに出ちゃってるではありませんか!!

そのGmailアカウント設定では、アカウント名は「ニックネーム」に設定しているにも関わらずです。

ナンデ~~~!!

そこで慌てて、色々ググって、Gmailで送信者の名前の変更を試みても一向に変わらない!!

大ピンチです。

しかし、試行錯誤を繰り返し(2日がかりで)gmailヘルプフォーラムなどをググっても出てこなかった原因と解決方法を最終的に見つけ出し、無事改善できました。

同じような状況の方のお役に立つかもしれないので、備忘録として残しておこうと思います。

Gmailで送信者名前を変更しても送信元が変わらない時にまずはやってみるべきこと

同じようなトラブルで悩んでる人がいました。

送信先に表示される名前を変更したいです。

自分が送ったメールの受信先で、from欄が本名になってしまいます。何とかなりませんか?

Gmailで送信者の名前を変更しても送信元が変わらない時の対処方法をネットをググってみると、上位表示されているサイトでは、おおよそ「Gmailのアカウント設定での名前変更方法」について書かれていました。

対処方法その1:Gmailアカウント設定でユーザー名の変更してみる!

Gmailアカウント設定でのユーザー名の変更の方法詳細は、こちらをどうぞ↓

ユーザー名の変更方法

まずは、とりあえず、この方法で試してみて下さい。

しかし、上記、Gmailアカウント設定でのユーザー名の変更をしても、まだ一向に送信者の名前が変わらない場合があります。

Gmail ヘルプ フォーラムを見てみると、こんな質問がありました。↓

Gmailで相手に表示される私の名前が変更できず困っています。送信先は特別な設定をしておらず、また例外なく全員に対してです。「アカウントとインポート」欄や「個人情報とプライバシー」欄は正しい名前で設定しています。

そうそう、そうなのよ。それでその答えは?早く教えて!

で、そのGmail ヘルプ フォーラムでの解答は、

相手側の端末乃至サービスでどう云う表示が為されてるのかは不明ですが、少なくとも基本的には電話帳等の連絡先に登録されてる情報が優先されます。
此処を編集しないと表示方法を幾等変更しても基本的には変わりません。
相手側に其の旨を伝えて見ては如何でしょうか。

ん~正直、なんのこっちゃ!です。これでは解決しないなぁ・・・さて困った!

 

そんな場合は、下記の、「対処方法その2:Gmailアカウント設定でユーザー名の変更でも変わらない場合!」を試してみて下さい。

もしかしたら効果があるかもしれませんよ。(ただし、windowsの方の場合)

ちなみに、私の場合も、上記の方法では改善されず、これから紹介する下記の方法で改善されました。

対処方法その2:Gmailアカウント設定でユーザー名の変更でも変わらない場合!

私のケースでは、Gmailで送信者の名前を変更しても送信元が変わらない原因は、Gmailアカウント側の問題ではなく、実は、使用しているWindows10のメール機能にありました。

このWindows10のメール機能、以前のパソコンでは使っていたなかったのですが、パソコンを変えた時に標準装備みたいになっていて、使ってみると複数所持しているGmailアカウントを一括管理できて便利なので、あまり何も考えずに何となくそのまま使用していました。

で、今回、私を悩まし続けた原因が、

実は、この「Windows10のメール機能」にあったという結論に至ったんです。

そうです。

いくら、Gmailアカウントの設定で名前を変更しても一向に反映されなかったのは、この「Windows10のメール」を使用してGmailを送った時だと気づいたんです。

特定のgmailアカウントから直接メールを送った場合は、Gmailアカウントに登録されている名前が反映されるのですが、Windows10版のメール経由でGmailを送信した場合には、Windows10版のメールアカウントの設定がGmailの送信元として反映されるんです。

だから、いくら、Gmailアカウントをいじって修正してみても、変更されなかったんです。

ということで、さっそく、「Windowsメールアカウントで送信者名前を変更する方法」をご紹介します。

Windowsメールアカウントで送信者名前を変更する方法

①Windowsのスタート画面で、「Windows10のメール」機能を立ち上げる。

「アカウント」をクリック!

③すると、設定するアカウントを選べるポップアップが出てきます。

その中から、設定したいアカウントを選び、「Wクリック!」

④選択したメールのアカウント設定画面が開きます。

「メールボックスの同期設定を変更」をクリック!

⑤Gmailの同期設定画面の下段あたりに、

「この名前を使用してメッセージを送信」に、「Gメールの送信先として表示させたい名前」に変更する。

私の場合は、なぜだか?ココが「本名」になっていました。

入力したら、「完了」して「保存」すればOKです。

念のため、Windowsメールを使って送信した時に、送信元がきちんと変わっているか試してみましょう。

これで、恐らく、Gmailで送信元from:○○が変更されているはずです。

ただし、すでに送ってしまったメールに関しはそのままでした。

【今日の教訓】:覆水盆に返らず!(ショック!)

これがもし国家機密だったら終わってますね。

*複数アカウントがある場合は、個別に設置する必要があるので、必要な場合は、1つずつ上記と同じ要領で変更しましょう。

まとめ

Gmailで実名を露呈しまったという苦い経験を忘れないように「Gmailで送信者名前を変更しても送信元が変わらない原因と改善方法」をまとめてみました。

Gmailアカウントの設定を変更しても、送信元の表示が変わらない場合は、ぜひ一度、試してみて下さいね。

(それでもダメな場合は、残念ですが別の方法を探して下さいね。)

いや~それにしても、この解決策が分かるまでに費やした時間は2日。

ググってもググっても、Gmailアカウント側の設定変更にまつわる断片的な答えしか出てこないから堂々巡りでお手上げ状態が続き、途中で本当に投げ出したくなりました。

でも、何回もテスト送信&受信して調べている内に、ふと、「Windows10版のメールから送信した場合」にのみに実名が反映されていることに気が付いたんです。

でも、それは、問題が発覚し「大変だー」ってなってから、1日以上あとのこと。

きっと、若い人なら、もっと早くにピン!ときて、素早く対処するのでしょうね。

今回のことで、自分の危機管理意識の甘さと、どうも最近、ますます頭が鈍く固くなってきているという事実を実感しました。

普段から、カラダだけじゃなくて、頭の柔軟もしておかなくちゃ・・・と思う今日この頃でごさいます。

この情報が、どなたかのお役に立てば幸いです。

 

コメント